« 稲刈りへの支障 | トップページ | 稲刈り その1 »

雁風呂を詠む…俳句

雁の季語について調べていたらこんな記載がありました。
雁風呂・・・雁供養
青森県外が浜付近では、暮春のころ、海岸に落ち散らばった木片を
拾って風呂を立て、人々に入浴させる風習がある。これは、秋にわたって
くる雁が、海上で羽を休める為にくわえてきて、ここに来て捨てておき、翌春
、北方へ帰るときに再びその木片をくわえて帰るのだが、人に捕らわれまた
冬の間に死ぬ雁が多い為に木片がたくさん残るので里人が哀れんで、雁を
供養する心で、風呂を立てるのだという。もちろん伝説に基づいたもの。
雁風呂や海荒るる日は焚かぬなり  高浜虚子
雁風呂の燃えぬ木を拭く波だかな  高田蝶衣
雁風呂や岬を隠す細き雨      戸木啓人
砂山にほかと月あり雁供養      永田青嵐
K地さん、まだ青森には、雁風呂の風習がのこっているのですかね?

« 稲刈りへの支障 | トップページ | 稲刈り その1 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120326/2664111

この記事へのトラックバック一覧です: 雁風呂を詠む…俳句:

« 稲刈りへの支障 | トップページ | 稲刈り その1 »