« 田んぼに舞い降りたケリ | トップページ | エルミタージュの建築 その3 »

休耕田の開墾 その1

田守村の池の脇にある休耕田を復田することにしました。
ここ10年放置していたので、小さな柳が生え一部崩れて
畔を作り直さないと米作りが出来ない状態でした。
今日は1人、北の国からのテーマソングを口ずさみ黒板五郎
になったつもりでスコップを握り畔を作っていました。
しばらくの間、自分自身が北の国からの主人公になりきって
田守村の開墾作業を楽しまなければなりません。
自宅に帰りその気になって、家内のことを五郎のくちまねで
(ほたる・・・)と呼んでみると、そのことには触れず、
はやくご飯たべてちょうだい。洗物があるんだから。
と素っ気無い口調に一気にテンションが下がってしまいました・・・・
【それまではすっかり五郎さんになりきっていました。】
明日も開墾作業をします。代掻きは水の具合を調整しながら
朝、晩、にしています。
田んぼを休むことは簡単ですが、元に戻すことは、大変難しいことです。
田んぼの復活に昔人の苦労がしのばれます。今晩は筋肉痛に悩まされ
そうです。

« 田んぼに舞い降りたケリ | トップページ | エルミタージュの建築 その3 »

「田守村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120326/2653953

この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田の開墾 その1:

« 田んぼに舞い降りたケリ | トップページ | エルミタージュの建築 その3 »