« トラクターに鳥 | トップページ | 春作業に向けて »

田植え機の修理 その2

今日、酒1升でもらってきた田植え機をなおしていました。
外に1年以上放置してあったためワイヤー類や螺子が錆び
動きません。我が家にあった同機種のスクラップから外して部品を取り
植えつけ部分のオイル漏れは、オイルの注ぎ足しでごまかしました。
当たり前に使えるようです。(実際に使用しないと細かい調整ができません。)
総コスト2500円の田植え機の完成です。予備用に保管しておく予定です。
発売当初、170万円もしました。
農機具は、機種ごとに壊れる部分はほぼ決まって
いるので、そこの直し方を覚えればまだまだ使えるスクラップの農機具はいっぱいあります。
新しい農機具は何時でも買えます。あき時間を利用してすこしだけ油で手を
汚し、コスト削減に努めれば、あき時間が時給数十万円になるかもしれません。
試してみてはいかがでしょうか?

« トラクターに鳥 | トップページ | 春作業に向けて »

「機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120326/2661577

この記事へのトラックバック一覧です: 田植え機の修理 その2:

« トラクターに鳥 | トップページ | 春作業に向けて »