« いもち防除 | トップページ | 地区の親子旅行にて »

修理に思う事

雨、雨、雨。
今日は、田んぼの見まわり用のバイクのパンク修理をしていました。
不器用な分、時間が掛かってしまいました。
そこで常々思うことは、修理時間と、もし外注をして修理した場合の
コストの差、例えばカッパを着て草刈りをした場合の時給換算
した格差をしっかり考えて修理しているかということです。
今までは、自分で修理すればいくらでもコストは軽減できると
考えて努力してきましたが、無理をしてまで修理すべきか?
と言うことを考えるようになりました。
疲労と休養のことまで視野に入れるようになると今までとは違ってきます。
例えば、バイクの修理において工賃が1500円程度とすると
それに私が半日分の時間を費やせば外注のほうがいいような
気もします。
我が家は昔からなんでも自分で作り修理してきた伝統的家庭文化
が存在してきました。しかし、私なりに時間という概念をしっかり入れなければ
いけません。祖父の考えていることの素晴らしさを私なりに理解し継承して
きたのですが時間の束縛には昔の大らかさは無く、現代のタイムイズマネー
との思想のギャップを埋める難しさに頭を悩めます。
今後は私なりの努力と一部、外注を視野に入れ新たな経営文化を育んで
いけたらと思います。もちろん、祖父のアドバイスは尊重してのお話です。
やはり、いきつくところ、温故知新ということが重要なようです。

« いもち防除 | トップページ | 地区の親子旅行にて »

「機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いもち防除 | トップページ | 地区の親子旅行にて »