« バイクの修理 | トップページ | 海水浴にて »

農村に思う

今日、NHKでワーキングプアについて放送していました。
働く意欲があり、もしくは忙しく働いているが収入に結びつかない
ひとたちのこと。
事例に挙げられていた秋田の農家の現状は、多分にもれず、
我が家にも当てはまり、有機栽培により辛うじて減収は食い止められた
ような気もしますが、労働時間の大幅な拡大は華々しい環境保全祭り
の裏の厳しさを考えます。
本当の貧困の厳しさを知っている祖父は、今日も古材でビニールハウスの
骨組みを組み上げ当時と変わらぬ哲学を貫き、別の田んぼで私は価格
の高い有機栽培米の稗を抜くのです。
農村地域に暮らす私達は、品質の高い米、をスローガンに掲げながら
環境保全米という高いお米を作り、旧町内のかたにおいては、元農家
でありながらお米さえ満足に食べれない人がいることを聞いたことがあります。
私は自分自身の米作りのコンセプトとして(公に還元できる米作り)
と言うのを常に考えていました。しかし、固定費のことを考えると米価を
さげることも出来ず結局は、富裕層の為の米作りではないか?
などと農作業をしながらたまに自分を責めるのです。
環境に優しいことをしている。だから有機栽培農家はすばらしい
と様々な場所でちやほやされ笑顔になっている私の内面は
農民としての経験が長くなるほど冷徹に自分を否定しています。
そこで、何ができるか?
自分にできることを常に考えながら農を営み、有機栽培により
多くの人にめぐり会う機会に恵まれました。
田守村は私にとって社会にいかに農業を還元できるか?という
チァレンジのフィールドなのです。多くの人と語り合い、小さな
仕組みをいくつも作り上げ、その中から成功できそうなものを
大きく展開する。何も大義名分も必要ありません。出来ることから
あき時間にこつこつ積み上げて活動すればいいのです。
田守村に来てくださる皆さんと今後も長く活動できることを私は強く望みます。

« バイクの修理 | トップページ | 海水浴にて »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120326/2775442

この記事へのトラックバック一覧です: 農村に思う:

« バイクの修理 | トップページ | 海水浴にて »