« 父が亡くなって思う事 | トップページ | 夏祭り »

稲刈り前の片付け

稲刈り準備の為、現在作業小屋のかたずけに追われています。
なかでも大量のごみに悩まされています。
祖父や父は、ごみをほとんど出さずリサイクルでまかなってきました。
それが美徳でもあり大切なことでもあります。
しかし・・・何時使うか不明で数十年も小屋の中に放置してあれば
場所もとりものの置き場所がなくなってきます。捨てるかどうかそこで
価値観の変換をもとめられるわけです。
世代交代ということもあり、私の使いやすいように、また、祖父の価値観
を損なわぬよう慎重に廃棄するものを選ばなければなりません。しかし
1つのものに何度も話し合いを繰り返すようでは時間ばかり過ぎ、仕事が
前に進みません。
祖父のいない間に大量にトラックに積みあとで口頭で簡単に捨てるものの
確認をします。すると祖父も諦めがつくらしくすんなり承知してくれます。
祖父の気持ちが私にはいたいほどわかります。しかし、捨てずに蓄えていく
一方では、デットストックとなりマイナス効果のほうが大きくなってしまうのです。
適度に廃棄と蓄えを循環させ本当に利用できるところのみストックしなければ
効率のよい農業経営には結びつきません。
私もあまりものを捨てられないたちなので価値観の変換作業が実はたいへんでした。
今後も悩み物がたくさんあるようです。がんばらなければなりません。

« 父が亡くなって思う事 | トップページ | 夏祭り »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父が亡くなって思う事 | トップページ | 夏祭り »