« 田守村旅日記 | トップページ | 父が亡くなって思う事 »

おじいさんの弟の葬儀にて

先日、祖父の弟さんが亡くなり今日、線香を付けに祖父と
いってきました。祖父は、悲しさの中にも周囲の親族の長生きしてね
の声かけに嬉しそうにこたえていました。
叔父さん最近なにしているの?と、かなり多くの人に質問されていましたが
田守村2号棟建築の話と落成式で皆がきてくれて嬉しかったこと、など
同じことを聞かれるたびに丁寧にはなしていました。
帰りの車の中では次の仕事を何すればいいのか?と私に質問も
してきました。
祖父は、90才を超え、たよりにされる喜びをかみしめながら静かに人生を
歩んでいます。その喜びは来てくださる皆さんの笑顔や落成式に祖父に
送られたありがとうの感謝の言葉に毎日の仕事の生きがいを感じているようです。
田守村と祖父の関係は今後の高齢化社会の良い参考となるのではないでしょうか?
今後も老人パワーを発揮してがんばって欲しいものです。
ちなみに夏の作業のリサイクルビニールハウスが完成し現在、崖の土止め作業に汗をながしている
ようです。

« 田守村旅日記 | トップページ | 父が亡くなって思う事 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田守村旅日記 | トップページ | 父が亡くなって思う事 »