« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

雁の集まる要因?

雁の伸萠地区における飛来調査をはじめました。
ここ10日間の傾向は、西側はあまり利用せず、東側と中央に
かたよっています。
昨年と似たような傾向ですがカウント中に気がついたことは、
耕作者の田んぼの管理の仕方が関連しているように思えます。
コンバインと自然乾燥、刈り取りの時期や藁の回収時期、わらを燃やす人、
すでに耕起をしている人、休日を利用しての作業が多い為、月曜日には田んぼの
様子がかなり変化しています。
毎年、同じ時期に作業している為、耕作者のクセが田んぼ全体に傾向として
現れ、飛来にも影響しているような気がします。
しかし、データとしての裏付けが難しいため、憶測でしかありません。
落ち籾量もコンバインの年式やメーカー、整備の具合でかなり違ってきます。
そういった要因が幾重にも重なり飛来箇所が決まるのかな?などとカウント
しながらかんがえています。それを調べるのは、不可能に近いですがデータ
としてあったら大変面白いですね。

みなさんも空を見上げてみませんか?

稲刈り…コンバイン

先日の雨のぬかるみが抜けずコンバインの
入らない田んぼがいくつかあります。
天気はいいのですが仕事が前に進まない・・・・
かなりストレスがたまっております。
コンバインもとうとう稼動時間より修理時間が長くなってしまい
そちらのほうでもストレスがたまっています。
衣食満たして礼節を知るという言葉がありますが私は、
仕事進んで心のゆとりを知るといったところでしょうか?
仕事が順調なときは、雁をみあげながらふけ行く秋か、などと思っておりましたが
壊れたコンバインとぬかるみに悩まされる日々が続くと秋がなんだ。コンバインに
油を注いで燃やしてくれるわ・・・などと泥だらけになった軍手を見つめたまに大きな
声で叫びたくなるのです。(実際叫びました。)
来年は、中古のコンバインを買うことにし心にゆとりをもちました。
ちなみに中古のベンツと同じ位の価格です・・・・
昨晩、買うことを決意しましたが複雑な心境でねむれませんでした。 

ブログランキングに参加しました

暴風雨にて

今回の大雨には困りました・・・・
降雨中はカッパに着替え何度も田んぼの見まわりを繰り返し
消防団の召集に備え連絡のつきやすいように配慮し、夜、
大雨が降り出せばまた軽トラックで見まわりを繰り返しました。
今朝の伸萠田は、道と同じ高さまで水があり、沼のようでした。
昨日は、見まわりがてら蕪栗沼に様子を見にいきましたが
寝ぐらいりしようとしている雁が増えた水量の多さに驚き
暫く乱舞していましたが諦めて、皆、伊豆沼の方へ去って
いきました。
以前は、水害と聞いても余り感心がなく関係も薄いものでしたが
自分が農家の主になり責任をもって水の管理をするようになると
眠れないくらい大変なことなんだと改めて実感します。逆に経験
が薄い分、神経質になりすぎたところもあるとは思いますが、父の
いっていた(農家は土と水との戦いの繰り返しだ)という大雨の日
枕元で私に言った言葉が頭をよぎります。
私達の意識していないところで役所の人や土地改良区関係の人
農家、それぞれが水門や土手を見まわり治水に努力している姿を
今回の大雨でたくさんみかけました。そういった方の努力で私達の
安全が保たれていることを実感するのです。
今回の大雨で治水に尽力した皆様に感謝いたします。
そしてその上に私達の安全が保たれていることに皆さん気がついて
ほしいと願います。
 

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »