« 祖父の緊急入院 | トップページ | 体内時計 »

雁見学者のマナー

祖父の様態
私が風邪をひいてしまい病院へ見舞いにいけなくなった
ので変わりに家内からの報告を聞くと今まで横向きにしかなれなかった
ベットでの姿勢が仰向けに自力でなれるようになったようです。
雁見学者のマナーについて
11月の初旬、アオハクガンが我が家の周辺に舞い降りました。
めずらしさもあってか県外ナンバーの車をたくさん見かけました・・・・・
しかし、そのマナーの悪さに驚きますね。
狭い県道なのですが、車の駐車で半分塞いでしまい交互通行
になっているのです。正直、かなり憤りを感じました。しかもそれに
加え、前後に車を止めた間にテーブルとイスをもちだし優雅にランチ
をしているではないですか?
こちらは、農作業で忙しくスムーズに通行したいのですが車の陰に
気を使い事故の無いように通行するのがせいいっぱいでした。
彼らは、珍しい雁をみて、保護したいと願っているのでしょうか?
そう思っているならば、甚だしいとんちんかんな行動です。
地元の人にそういった保護認識を強くもたせるならば最低限
怒りをかうような行動は慎むべきです。私も熱心な活動をなさっている
方々に影響され雁の観察をするようになりましたが、それは
真剣に農業との共存を考えていることが伝わったからです。
自分の観察欲のみ優先され、観察する行動により自然愛護者
または、ナチュラリストと思っている人々が最近、急激に増えつつあります。
それは、蕪栗沼で真剣に雁と農を結びつける活動をしている
私達にとっては周辺住民の理解があってこその共生ですから
それを阻害する何物でもありません。
蕪栗沼周辺は観光地ではございません。農地であり生産の場です。
農家にちょっとした挨拶を、駐車には一言声を掛けて駐車して下さい。
今後、確実に増えるであろう自己欲求型ナチュラリストには、
私からも優しく喚起を促すべく声を掛けたいと思っております。

 マナーには気をつけてくださいね

« 祖父の緊急入院 | トップページ | 体内時計 »

「鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祖父の緊急入院 | トップページ | 体内時計 »