« 田守村情報…奥塚編 | トップページ | 苗代と自然 »

我が家のにわとり…

我が家でにわとりをつがいで飼いはじめて1年。
先日、オスを田守村のマスコットにしようと画策し田守村に放し飼いにして
数日、縄張り意識が強く、私もかなり攻撃されたので強いと思っていた矢先
狐に食べられてしまいました・・・・・残念。
残るメスは、自宅で飼っていたのですがなかなか卵を産んでくれない。
あーーーー、だめだな。我が家の鶏は、食ってしまえ。などと思っていたのですが
管理を奥塚さんにお願いした途端、毎日のように卵を産み始めました。
奥塚さんもクックではなく、こっこ、と名前を付け藁を敷くなど献身的な
世話に精を出しています。もちろん産んだ卵は彼女がしっかりと食べ農作業
の源になるのです。
しかし、何故、私の手元から離れた途端、卵をうみはじめるのでしょうか?
私には鶏の心理は読めませんが、以心伝心、卵を産まない鶏は食べてしまえと言う
私の心が読まれたのかもしれません。
鶏も新たなご主人様のもと安心して卵を産んでいるようです。
前主人の私としては複雑な心境です。
寿命の延びたこっこは安心です。
←ランキングに参加しています

« 田守村情報…奥塚編 | トップページ | 苗代と自然 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田守村情報…奥塚編 | トップページ | 苗代と自然 »