« 有機肥料 | トップページ | 田守村記念碑 »

自然のお茶。

我が家の研修生、奥塚さんが最近凝っているものが雑草茶作りです。
先日は、スギナを炒ったものと蒸したものを食後に飲んでみました。
お湯を注ぐ前の香りは私は干草の香りがしたのですが作った本人はお茶の香りだそうです。
農家で育った私は、草はウシの餌の為に草刈りをしてきたのでなんとなくお茶には
違和感があったのですが楽しそうな奥塚さんをみていると母と2人、妙においしく錯覚?
いや、感じてしまうのです。
翌日は、タラの芽茶でした。次第にエスカレートしていく彼女にブレーキはありません。
これは確実に美味しくはなくかじってみると草そのものでした。
明日は何茶が出るのか?
緑茶がこれほどうまいということをあらためて感じるのです。はやくおいしい雑草が見つかることを
祈るばかりです。

« 有機肥料 | トップページ | 田守村記念碑 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有機肥料 | トップページ | 田守村記念碑 »