« 無農薬栽培…体力の限界 | トップページ | ナチュラリストの限界? »

草取り…シルバーのおばあちゃんたち

今日はシルバーセンターから派遣されたおばあちゃんたちと家族総出で
雨の中、カッパを着て草取りをしました。
まずはじめに驚かされたのは、作業と同時によくしゃべり出すこと。
いままで、あまり地域に興味のなかった私でも様々な地域の情報
が、広報誌よりも確実に脳裏にしかも作業をしながら焼き付けられました。
そしてなによりよく働く。
私の1.5倍のスピードと職人的技術力。すばらしい。
そしてこんな言葉も
(こんなになるまでなんでほっといたの、もっとはやく私達に頼めばよかったのに。)
(私達はたいがいのことは経験しているからおどろかないよ、なにかあったらすぐあんたの為に手伝いにくるよ。)
温かい言葉にうるっときてしまいました。
父の亡くなった後、私は父の徹底したコスト削減と彼の自分の労働力のみの経営を目標に頑張ってきました。
(もちろん、結果的にいろんな人達に手伝ってもらっていましたが・・・)
しかし、私が行ってきた有機栽培と父が行った慣行栽培栽培では、根本が違うということも
祖父からさとされていました。
(草取りは1年に4回、たとえ手取りで頑張ったとしても1人では1日1反が限度。夫婦で2反田んぼ
1枚が限度なんだ)
父を亡くしてから目標としていた当時の収入、農産物の下落、勤勉で実直な父の労働、有機栽培。
これらが絡み合い、がむしゃらに草を取り、1人ではどうしようもなくなった現実。
しかし、おばあちゃんたちの屈託のない笑いとどんなことにも負けないパワーにすくわれました。
来年は祖父やおばあちゃん達の言葉を参考に収支を考えたシルバー利用も今後していこうと作業をしながら
考えました。
作業終盤、笑顔で(来年もよろしくたのむね。)と言うことができました。
ここしばらくおばあちゃんたちと楽しく草取りが出来そうです。

« 無農薬栽培…体力の限界 | トップページ | ナチュラリストの限界? »

「除草」カテゴリの記事