« 2007年11月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年2月

剥製師に弟子入りしました

県内でもほとんどいなくなったであろう剥製師に
弟子入りが認められました。
私が10代のころからお付き合いがあったのですが職人
でもあり教えてくださいとは切り出せず十数年。
先日やっと切り出してみると(今まではみんな断ってきたが
お前はやる気があって続きそうだからやってみるか)
(ありがとうございます。)
職人肌であり創意工夫できた方、しかも動物の描写をとらえる為
野山で動物を観察してきた人。
長い年月をかけ技術を学びたいと考えています。
(まずは鶏からはじめなさい。)
んー、なるほど。
鶏を近所から頂き、明日から通う予定です。

蕪栗沼の伐採木搬出作業

今日は蕪栗沼の伐採木搬出作業をしてきました。
昨年は、手探りのところもあり、夕方5時頃までかかり
作業を終えましたが今年はややシステマチックになりスムーズな作業
となりました。
作業をしながらたまに空を見上げ鳥を探してしまいます。
昔はそうでもなかったのですが・・・
沼内の作業だったので警戒されたらしくあまり見ることはできませんでした。
(チュウヒがいたかな)
今回の作業は、蕪栗沼内にある柳の木を陸地化を防ぐ為に伐採、運搬する
作業でした。やはり人が管理していかなければ維持できない自然もあるんですね。
昔は萱を刈って屋根をふいていたので上手く循環していたのですが今は、消防法で
燃えやすい萱は使えず沼内に放置され折り重なって柳と一緒に生えるがままになっています。
昔のことが全て良いとはいいませんが萱を上手く使い循環システムを構築した昔人に
脱帽です。

フライングギース無事終了

フライングギースに参加の皆様ありがとうございました。
先日、蕪栗沼からの飛び立ちが日本海側の大雪の影響で
十万羽を越えました。今日のデータは大変貴重なものとおもわれます。
私の担当地区は涌谷の一部、米山、石巻方面でしたが数は通常の
調査の約10倍の数でした。(雁類、5000羽)そのうち8割が転作地(麦)
で採餌しており麦の食害の多さにおどろかされております。
専門の方に尋ねたところ伊豆沼周辺には麦が少ない為、蕪栗沼周辺や
田尻、米山など麦の転作が集中しているところへ行くのではないかということです。
夕方、ねぐらいりを観察していましたが確かに東部からの飛来が半数を超え麦の作付けが
多い地区からの飛来が目立ちました。
調査を通じ被害の大きさを実感しております。

私の食道楽とは?

今日、米山の道の駅で規格外のイチゴが1箱
800円で売っていたので2箱買ってかえりました。
私の人生で死ぬほどたくさん食べてみたいリストの中に
冬場のイチゴが入っていたためです。
もちろん夕ご飯はイチゴのみ・・・
確かに死ぬほど食べました。しかし、世の中に適量というものが
あることも実感しました。どんぶり2杯分のイチゴはやや苦痛でした。
主食がご飯なのも納得。イチゴが主食だったらきついな・・・・・・
おいしかったんだけど・・
その後、風邪に伴う腹痛が悪化し、トイレに何度か駆け込みました。
しかし
6月にはさくらんぼ狩りで死ぬほど食べたいリストからさくらんぼ
を削除しようと懲りずに考えています。(次は宇都宮のぎょうざ)
筋金入りの食道楽です。

なんとかすわれるイス

今日、昼休みの空き時間に廃棄しようとしていた
丸太を利用しチェーンソーでイスを作ってみました。
テレビではほんの数分で作っていたのでそのつもりで
切りはじめましたが、なかなか切れない・・・
刃を磨いていなかったことが原因だったのですが面倒くさかったので
無理やり切り刻み大まかな形をつくりあげ、仕上げはサンダ―で
削り込みました。
昼休み中で仕上げなければならなかったのですがやや時間オーバー
集中して磨き上げている後ろから(早く仕事しろ。)と母に怒鳴り込まれ
タイムオーバー。
少しの時間ではありましたが芸術家の気持ちを味わうことができました。
ちなみに作品名は(座るのを拒絶するイス)
岡本太郎の作品で似たような名前のイスがありますが私の場合、芸術性の
名前ではなく実用性から発想し名付けました。
追伸・・・なんとかすわれるいすではあります。

寒い…齋藤家大改革

寒い、風邪をひいてしまいました。
我が家は築20年。新築当時は、稲作バブリーだった頃で
それなりにお金をかけたみたいです。
仏閣神社を手がけていた建築会社が建てたので見た目は
それなりなのですが、お金をかけたところは仏間や床の間など
ほとんど使わない部屋ばかりで、2階の私達がいる部屋はできるだけ
安く仕上げた為に、部材が抜かれて冬寒く、夏暑い。
今の私達が建てるんだったら生活スペースを大切に考えるのですが
20年前の祖父の頃は、客人を迎えることが基本となっているようです。
祖父が客人に床の間の裏板が1枚うん万円と話していたことを小学生
の時に聞いていましたがその時私はくたびれた大変古い自転車で通学
しており裏板1枚と自転車の価格を比較して悲しんだことを覚えています。
これまで20年のあいだ床の間周辺の部屋を使ったのはたった数回の冠婚
葬祭のみで押入れには客人用の布団が十数組使われずに眠っています。
冬の間、使われなくなった農機具を毎日処分し続けてきて、寒い部屋で
毛糸の帽子を被って白い息を吐きながら寝る私は・・・・
ここ数年の内に齋藤家大改革を徳川吉宗なみにしなければならないと強く感じています。
まずは、寝る前は部屋をストーブで暖めるクセ付けをしようと思いスイッチぽん。
1時間経ちましたがまだ息が白いです・・・・

『ふゆみずたんぼTシャツ』が売れました!&イベント告知

見上先生、お買い上げありがとうございます。
改めてメールを差し上げますのでよろしくお願いいたします。
さて、ラムサ―ルフェスティバルでTシャツを買ってくださった皆様ありがとうございました。
今回、原価を差し引いた利益が2日間で9000円となりました。
田守村利用者の為に大切に使わせていただきます。
(今回の収益金は、田守村で天水を利用した屋外の手洗い場設置の材料費とさせていただきます。)
2日間、販売を手伝ってくださった木村さんありがとうございました。
(イベント情報)
2月17日雁の広域調査(フライングギース)を行います。
田守村 8時集合
興味の有る方、参加希望者はメールを下さい。

【ラムサールフェスティバル2008】当日の様子

今日はラムサ―ルフェスティバルでTシャツを販売しておりました。
即完売をイメージしていたのですがなかなか売れない・・・
うん万円ものコストをかけてつくったので困ってしまいます。
初日に買っては荷物になるので帰りに買うんだろうと
自分に都合の良い解釈をしています。
明日はパネラーもあるのでこれから簡単に話すことをまとめる
予定です。
シンポジウムの準備の疲れで眠い・・・・
商売の神様、明日は私に微笑んで、と願いつつ原稿をこれから書きます。
先ほどにやりと笑った誰かさんの顔が浮かびました。(なぜ・・)

雁に関する収集

最近、雁についての文化的資料を集めています。
漆の塗り物、刀の鍔、コイン、浮世絵、絵葉書、陶磁器
掛け軸、絵画、切手、古書など
安土桃山時代から現代にかけて沢山の資料が存在し
その多さには驚かされます。
雁はその昔は日本人にとって身近な鳥であり季節感を重んじる
日本人としては重要な花鳥の対象だったのでしょう。
しかしながら・・・・
金銭を重んじる我が家では、お小遣いの範囲の収集に限られ
欲しいものは到底手が出ず、いつもネット上で閲覧しているばかりです。
今日も欲しい掛け軸が売れて行きました。
データのみを保存して楽しみます。

農機具のリサイクルも難しい

今日、亡くなった父がためこんでいた古い農機具を
廃棄しました。
何でも直して再利用していた父でしたが10年以上使わないものもあり
もったいないと思いつつも場所をとるため廃棄しました。
お金をかけず再利用する美徳がある反面、保管する場所の確保が
困難になった為、苦渋の選択でした。保管小屋を建て増しするにせよ
有る意味使わないものにお金をかけるのもおかしな話で、しっかりと整理
することが先決と行動しました。
何でも再利用してきた祖父にとってはあまり面白いことではないですが
できるだけリサイクルされるように細かく仕分けし業者へと引渡しました。
経営上、1人に対する農地面積も増え、農繁期に機械修理の夜仕事をして
翌日連続で働き続ける肉体的余裕がなくなってきたのも事実です。
心の何処かでもったいないと利便性が綱引きしながら居座っています。

マガンがねぐらを取るといっても…&ラムサールフェスティバル告知情報

久しぶりに日記を書きます。
日記を書いているとどうも遅筆で朝に影響してしまうので
疎かになってしまいました・・・
今日、雁がねぐらをとってくれそうな雰囲気があり1時間ほど
夕暮れの中を観察しておりました。
確実にねぐらをとるなと確信し観察準備をしていると
防災放送が鳴り響き・・・
火事に注意しましょう。的なことが鳴り響き驚いて一斉に
羽ばたき、沼へいってしまいました。
1カ月も粘っていたのに・・・叫びにならない声をあげ明日への
希望へつなぐのです。
今回は、板でデコイを作り誘導できるか実践しております。
(田守村情報)
2月9、10日田尻にてラムサ―ルフェステバルがあり
田守村オリジナルTシャツを販売よていです。
10日には私もパネラーで出ることになりました。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年12月 »