« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

雁広域調査結果

雁広域調査結果
米山河南
マガン14羽
ヒシクイ91羽
蕪栗沼周辺
マガン9羽
鹿島台松山小牛田
マガン211羽
古川
0羽
田尻
マガン10羽

計マガン234羽
ヒシクイ 91羽


蕪栗沼朝の飛び立ち3500羽
平筒沼の飛び立ち
約300羽


補足率マガン6.6パーセント

ヒシクイ補足率33パーセント

補足率の低さは春先の餌場が集団少数で利用されるためそのエリアが調査区から外れたものと思われる。餌場の移動が原因と思われる。来年は調査区域の再検討を考える

作業着衣替え

作業着衣替え
ここ2、3日暖かい日が続いていますが綿入りから薄い作業着に変わりました。そろそろ心が浮き足立つ頃、まだまだ修理する農機具が沢山あるのですが側溝掘りが気になります。

雁の広域調査準備

雁の広域調査準備
夜間の機械いじりを終え雁の広域調査の準備を深夜やっています。このあと丹頂鶴の記録をまとめなければならないのですが眠いです。どうしょう!

ロビンのエンジン

ロビンのエンジン
今回かなりエンジン修理には自信があったのですがかからない。一日半費やした末農機具屋さんにきてもらいました。機械を見る視点が違うこんなことか、と聞けば簡単な理屈に気づかない。プロの仕事に完敗です。

ふゆみずの丹頂利用率

ふゆみずの丹頂利用率
時間がある時には出来るだけ丹頂を観察記録しています。距離が遠すぎてみえにくいのが難点ですが。


丹頂鶴のふゆみず田んぼの利用率が確実に90パーセントを超えています。驚きです。今後、希少種の飛来に希望が見えてきました。

交流会

交流会
仙台の子供達つるまき元気隊が田守村にやってきました。

雪合戦や動物の足跡探し、焚き火に鍋、凧上げなどいろんなことで遊びました。最後に記念植樹にさくらんぼを植え無事終了。交流がはじまって6年、まだまだ続けていきたいものです。

丹頂やってくる。

丹頂やってくる。
ふゆみず田んぼに現在丹頂鶴がやってきています。迷鳥なのですが環境がいい証拠ですね。調査を重ねて関係を調べています。


おおくの観察者が田んぼにやってきますがここはあくまで農家の生産の場であり観光地ではありません。できるだけはなれて観察しましょう。春作業になったらトラクターの出入りもあり危険です。

ハウスの春雪

ハウスの春雪
菜の花の仲間のやさいの蕾菜の収穫がもうすぐ終わります。

これから稲の苗を作る準備がはじまります。

一昨日東京は雪でした。こちらももうすぐ春。なごり雪をなぜか思い出しました。

東京帰り

東京帰り
農業関係の研修で東京へ行ってきました。ここ数年どうしても変な緊張感があって馴染めません。昔は楽しくていろんなところに立ち寄ったものですが。年齢を重ねて田舎に染まったからでしょうか?写真は仙台について落ち着いてから撮ったものです。環境変化に弱くなったなーと実感。はやく農作業がしたいです。

毎朝ご飯

毎朝ご飯
97才になるじいさんはパンは決して食べません。農家が米の消費をしないでどうするの一点張り。たまに朝食のパンもいいかもとおもいつつご飯第一の我が家です。

春の田んぼ

春の田んぼ
日差しが柔らかくなり春の田んぼの様子になってきました。もうすぐ春作業が少しずつ始まります。

植村直己冒険賞

植村直己冒険賞
高校時代自転車で日本縦断していたとき知り合いになったサイクリストの中西大輔さんが植村直己冒険賞を受賞しました。130カ国地球4周分ちかく世界を走り昨年10月に帰国。たまに世界各国訪れた先からメールをいただきました。豊岡市で受賞式。コウノトリからふゆみず田んぼのご縁で私も少なからず豊岡市にご縁ができて。とにかくおめでとうございます!

冬季オリンピック

冬季オリンピック
冬季オリンピックで上村愛子を応援する息子。モーグル競技は迫力があっていいですね。

ラムサールシンポジウム発表

ラムサールシンポジウム発表
渡り鳥重要湿地のラムサール条約シンポジウムで雁の広域調査の発表をしました。とにかく緊張。みんな野菜にみえてくる。自己暗示がきかぬまま震える声での発表となりました。

春近し

春近し
雪に負けずきれいな花を咲かせています。昨日5センチ程の積雪があったのですがあっという間に溶けました。いよいよ春近しです。

原稿書き

原稿書き
ラムサール関連のシンポジウムで発表する原稿締め切りがあとわずか。こういうときに限っていろんなことで時間を取られてしまいます。締め切りに追われる作家ってこういう気持ちなのかも。と現実逃避。

宮城県の農家の会議

宮城県の農家の会議
松島のホテルで農家の会議がありました。平山政務官から所得保証制度についての説明がありましたが現場を理解しての制度か厳しく聞かせていただきました。政治的口調に具体性を欠きのらりくらりの何をいいたいのか分からずじまいでした。国民の利益に繋がる農政をしてもらいたいものです。

鳥獣保護

鳥獣保護
傷病鳥獣保護ボランティアの委嘱状が届きました。年末から年始にかけて白鳥一羽をお世話して放鳥。鳥獣保護も冬場の農作業の一部です。治療技術も扱う回数が増えれば上達します。

漏水点検

漏水点検
ふゆみず田んぼ組合では定期的に他の田んぼに水が漏水していないか点検します。田んぼを乾かし田お越ししたい人もいるのでできるだけそういった人に迷惑にならないように冬期間管理します。

ポンプ清掃

ポンプ清掃
氷点下の中、共同作業でポンプ清掃をしました。強風にも負けずきれいに清掃しました。

吹雪の中を駆け出す息子!

吹雪の中を駆け出す息子!
今日は大雪で仕事はおやすみ、子供達と伊豆沼に鳥をみきいきました。

しかしあいにくの吹雪で元気のいいわがやのむすか

消防車で遊ぶ

消防車で遊ぶ
消防団の用事ではっぴに着替えると息子がおもちゃ箱から消防車を取り出し遊び始めました。

わかっているんだなーと感心です。

髪染める母

髪染める母
野菜出荷の合間に母は髪を染めています。猫を撫でつつひなたぼっこ。


おしゃれを忘れないことがいきいきする秘訣かもしれませんでもいきいきし過ぎてうるさいくらいです。

赤鬼豆まき

赤鬼豆まき
子供達が学校から帰ってくると鬼の面を作って持ってきました。


普通父親が鬼になるのですが自分たちがなりたいようです。
ただでさえ女鬼の多い我が家ですから・・・失敬、今日ははやく寝ます。

ひなたぼっこする猫

ひなたぼっこする猫
我が家の猫は歩いていると狸と間違われるくらいふさひさ。ひなたぼっこしてゴロゴロしていると狸に見えてきてしまいます。

コンバインメンテナンス

コンバインメンテナンス
中古で買ったコンバイン3年目。草だらけの田んぼを刈っているので減耗しすぎ!できるだけしっかり整備し来年に繋げます。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »